By

Lancer Of The Year 2015 にて「地域を元気にするランサー賞」を受賞しました

「WBS」ワールドビジネスサテライトに出演しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

LancerOfTheYear2015受賞者

2015年3月26日(木)、東京都渋谷区にあるヒカリエホールにて、ランサーズ株式会社が主催する「Lancer of the year 2015」が開催されました。
チイキットは、このイベントで「地域を元気にするランサー賞」を受賞いたしました。

"開催概要 (ランサーオブザイヤー)"
本年からスタートした、「 Lancer of the Year – 新しい働き方大賞 – 」とは、スキルや経験を活かし、時間や場所にとらわれない新しい働き方を体現している”フリー”ランスの中から、次世代ワークスタイルのロールモデルとなる個人を表彰するセレモニーです。

51名の受賞者のうち、大賞を受賞した7名+特別賞1名が全国から渋谷ヒカリエホールに集まりました。 イベント内で行われたパネルディスカッションには、情熱大陸にも出演した女性ノマドの先駆けともいえる安藤美冬参加されました。
テレビやWEBメディアの方も取材陣も50名近く来場されており、大変栄誉のある舞台に立たせて頂きました。

また今回、自分らしい働き方を体現してきたという理由から特別賞を受賞された爆笑問題 太田さんの奥様の太田光代さんも来場されていました。 芸能事務所を経営なさっているというイメージが強かったのですが、 トータルリラクゼーションスペース事業の経営、ワインのプロデュースなどたいへんパワフルに活躍されている方だと知りました。

受賞者の方々は、それぞれ自分らしい場所で好きな事をしながら仕事を頑張っている方ばかりでした。
特に、MVPを受賞した藤 清貴さんは1年間ハワイで大学に通いながら学費をクラウドソーシングで稼いでいたとのことで、新しいフリーランスの形を体現されおり、感化される部分がありました。
このような特別なイベントに参加することができ、接する機会の少ない優秀なフリーランサーの方々とお会いし、元気と刺激を頂くことができました!!

地域を元気するにはどうすれば?

地域でも東京と同じように働ける環境を創り、東北から1000人のエンジニアを生み出す!

ということを考えています。

地域が元気になるために、人が一番重要であり、 人がいること・交流することで、地域の幸せを考える人が増え、地域が面白くなると考えています。

シリコンバレーや渋谷は誰がみても元気がある地域だと思います。 それは、人と人がいろんなことを考え・行動しお互いに刺激し合っているからだと思います。
人間の神経は、刺激を一定の閾値以上に受けないと反応しないそうです。

私達もまずは地元である岩手を刺激して、それに反応する人を増やして、 刺激を伝播させて行きたいです。

地域に人を増やすためには、仕事が必要です。
幸いにもエンジニアの仕事はパソコンとインターネットがあれば、どこでもできる仕事であり、 地方に仕事やお金を持ってくるにはたいへん相性がいいと思っています。

ITを武器にクラウドソーシングで地域に元気にしていきます。

私が大学生だった頃、岩手で学生がプログラムの仕事ができる環境はほとんどなく、大学で学んだ事を実践できる場がなかったことは非常に勿体ないと感じておりました。

今はクラウドソーシングで受託した仕事を学生も交え活動できているので、それが地域を元気にする第1歩だと感じております。

「WBS」ワールドビジネスサテライトに出演しました

今回の授賞式には多くのメディアの方が来ており、授賞式の合間に撮影を行っておりました。

WBS掲載仕事風景

こちらのリンクから放送が見られるようになっております。

【WBS】 独自 アメックス クラウドソーシング最大手と提携

「Lancer Of The Year 2015」の様子からカード会社の「アメリカン・エキスプレス」と「ランサーズ」が提携するという趣旨のニュースになっています。

ランサーズにはフリーで活躍するエンジニアがたくさんいるが、個人だと信用がないため、新しくクレジットカードを作れない人が多くいる。 そこでカード会社と業務提携し、個人でもクレジットカードを作りやすくする。という趣旨で、インタビューを受けました。

次こそは、チイキットがメインで活躍しているところを取材して貰えたらとワクワクしています。

最後に

受賞式が終わったあとランサーズのオフィスにもお邪魔させて頂き、実際にランサーズを作っている人達と交流することができました。
若い人が多く、集合写真を撮ろうといきなり言っても、みんな協力してくれるような雰囲気がよかったです。

「サービスを使っている人・作っている人が協力し、良いサービスを作っていきたい」とディレクターの方が言っていました。
クラウドソーシングはまだ成熟された業界ではないため、利用している人も仕組みも課題が多いと感じており、
チイキットは利用者側の開発パートナーとしてこの業界を盛り上げていきたいます。

今回の受賞で「地域を元気にするランサー賞」を頂けたことは非常に嬉しく、 これをきっかけにチイキットの活動に共感できる人が増え、 地域で活躍するモデルケースになっていきたいと思います。

ランサーズの皆さま、このような素晴らしい機会を頂き、本当にありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いいたします。

メディア掲載